ルドベキア寄せ植え


ギフトとしてご注文いただいた作品の一つです。

寄せ植えファンの方が、夏に一つは作りたい寄せ植えの花材ではないでしょうか


今回は、中心も黄色く、大輪系の「プレーリーサン」という品種を使ってみました
 
ルドベキア・プレーリーサン


大輪のルドベキアは、優しく包み込んでくれそうなふんわり感があります


ルドベキアのコンテナガーデン(横)

ルドベキアと一緒に絡めている斑入りのカラーリーフは、カリガネソウです。

クマツヅラ科で、ランタナやバーベナと同じ科名ですが、原産地はそれぞれに違います。

ですが、どれも宿根性があり、暖地では上部の葉も少し残り、毎年株を広げて大きく成長して花もたくさん増えて楽しめる植物です


カラミンサ(寄せ植え)
 

反対側からは、後にカラミンサを入れました。

カラミンサは、ミツバチがたくさん寄ってきて、ミツバチも可愛いな〜といつも感じます
 
まさに、自然との共存ですね。


ルドベキアの寄せ植え(日々草)
 

カリガネソウの間にもう一つお花を入れてみました。

ルドベキアを目立たせるために、日々草は控えめの白。

でも普通の白は使いませんよ

ちょっとフリルがかった日々草です。

草丈もこれは、「注意」ですが、低すぎるとへこんで見えてしまって、折角のふんわり感がなくなってしまうので

カリガネソウの低い方と同じくらいの高さが必要で、購入するときは、低くまとまっているものよりも、

「高めで広がっている苗」

が最適です 


ルドベキアの寄せ植え(ジュズサンゴ)

 そして、さらに一番後には、ジュズサンゴですね

この枝の流れは、実がなくなっても綺麗な弧を描いてい、シルエットとして楽しめます。


ルドベキアのコンテナガーデン
 


【植え込んだ植物】
*ルドベキア “プレーリーサン” ×2株
*斑入りカリガネソウ     ×2株
*日々草           ×1株
*ジュズサンゴ        ×1株
*カラミンサ         ×1株
*アイビー          ×1株