花も株分けするけど、難しくない根の分け方をご紹介している動画です




まず、完成の作品はこちらです⬇︎

IMG_8542


そして花材ですが、

アフリカンマリーゴールドとフレンチマリーゴールド、ジニア・プロフュージョンは、

すべて1株です✨


🌼アフリカンマリーゴールド
FullSizeRender
FullSizeRender

ちょっと高めの植物を真ん中に入れます



🌼フレンチマリーゴールド
FullSizeRender
FullSizeRender

1株といっても、ここまでたくさん植えて作っている苗が
必ずあるとは限らないので、
ない場合は、多色植えの2株分を揃えましょう🌿


🌼ジニア・プロフュージョン
FullSizeRender
FullSizeRender

こちらも4色植えがなかったら、
まず株分けできるじゃ確認。

株分けできれば、2色購入(黄色と白が理想)、
株分けできなさそう(株元の茎が1本)であれば、白を2株購入すると良いです



次にカラーリーフは、

🌿ワイヤープランツ(斑入りのスポットライト)
FullSizeRender



ワイヤープランツは、小さすぎなければ1株で十分です!

購入しすぎると後が大変です。。。

増えすぎて、アイビーよりも強健なので、少なめにしましょう。



🌿プリペット・レモンライム
FullSizeRender

細長く、暴れすぎていない苗がオススメです✨

こちらは、ポット苗が大きくてしっかり育っているものは
逆に株分けしにくく、手を傷めてしまうくらい固くなっていますので
できれば細いポット苗で3号までがオススメです


こちらも購入するときに株分けできるかどうかを
株元を見て確認します。

株分けできない1本の苗でしたら、
ちょっと暴れている方が花の隙間に入れやすいので
逆に暴れている方がオススメです!

株元の枝数で、樹形を使いこなします


🌿カレックス・ジェネキー
FullSizeRender

こちらも3号ポット1株で、
株元にぎっちり枝が詰まっていますが、
幼い苗なので株分けしやすいので1株です。


この花材で、根のほぐし方も株分けの仕方で使い分け、
今までは花苗は株分けをあまりしてはいけなかったですが
苗の生産方法が変わっているので、
寄せ植えの技術も常識も変わります😊


1ポットに多色植えた寄せ植え用の花苗も
たくさん増えているので、
色々なデザインの楽しみ方も増えますね


ぜひ参考にしてみてください✨




寄せ植えチャンネルのチャンネル登録もぜひ
よろしくお願い致します🌸